新演|クラシック音楽事務所、コンサートマネジメント・企画・運営

木下牧子 作品展5~オーケストラの時~
木下牧子 作品展5~オーケストラの時~
日時 2019年6月19日(水)
19:00開演(18:15開場)
会場 東京オペラシティ コンサートホール
チケット

全自由席:4,000円

マネジメント 新演 03-3561-5012 http://www.shin-en.jp
 

木下牧子(作曲)
木下牧子


東京生まれ。東京藝術大学作曲科首席卒業、同大学院修了。日本音楽コンクール作曲部門(管弦楽曲の部)入選。日本交響楽振興財団作曲賞入選。三菱UFJ信託音楽奨励賞受賞。
今までに4回の作品個展を開催。第1回「歌曲」、第2回「室内合唱&室内オーケストラ」、第3回「打楽器を中心とした室内楽」、第4回「ピアノを中心とした室内楽」と、毎回異なるテーマで個展を開き注目を集めている。特に第3回作品展「室内楽の夜」は、「この世代の作曲家として、ひとつ抜きん出た存在であることを証明した」との新聞評をはじめ、多くの音楽誌で高い評価を得た。またヴァラエティに富んだ声楽作品は特に人気が高く、全国で広く演奏されている。
主要作品に、オペラ「不思議の国のアリス」、ピアノ・コンチェルト、オーケストラのための「ルクス・エテルナ」、合唱とオーケストラのための「光はここに」、音楽物語「蜘蛛の糸」、吹奏楽曲「ゴシック」、室内楽曲「ねじれていく風景」、2台ピアノのための「PUZZLE」、混声合唱組曲「方舟」、連作歌曲集「暁の星」他。出版は約100冊。CDに「木下牧子室内楽作品集~もうひとつの世界」(「レコード芸術」現代曲部門 特選盤)、「木下牧子ピアノ作品集~夢の回路/永野光太郎」(「レコード芸術」現代曲部門 準特選盤)「花のかず~木下牧子歌曲集/野崎由美」(「レコード芸術」声楽部門 特選盤)ほか多数。
現在、日本現代音楽協会会員。
●公式ウェブサイト
●YouTubeチャンネル

大井剛史(指揮)
大井剛史


東京藝術大学および大学院にて松尾葉子氏に師事、若杉弘、岩城宏之、レヴァイン、マズア、ジェルメッティ、カラプチェフスキーの各氏から指導を受ける。2007~09年、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団にて研修。2009~16年ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉(現・千葉交響楽団)常任指揮者、2009~12年山形交響楽団指揮者、2013~17年同正指揮者を歴任。現在、東京佼成ウインドオーケストラ正指揮者。この他、国内各地のオーケストラを指揮し、いずれも高い評価を得ている。現代作品、オペラ、バレエ、など幅広い分野で意欲的に活動している。2008年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール第2位。
東京藝術大学音楽学部器楽科非常勤講師(吹奏楽)。尚美ミュージックカレッジ専門学校客員教授。

岡田 奏(ピアノ)
岡田 奏


函館市生まれ。15歳で渡仏。パリ国立高等音楽院でフランク・ブラレイらに師事し、ピアノ科と室内楽科を最優秀で卒業、修士課程を最優秀で修了し、第3課程アーティスト・ディプロマ科を経て、ヨーロッパと日本を拠点に活動している。2013年プーランク国際ピアノ・コンクール第1位、2013年ピアノ・キャンパス国際コンクール第1位、2016年エリザベート王妃国際音楽コンクールのファイナリスト。これまでに、ベルギー国立管、シモン・ボリバル響、東京フィル、東響、京都市響、札響、名古屋フィル等のオーケストラと、マリン・オールソップ、ポール・メイエ、ヘルムート・ライヒェル・シルヴァ、小林研一郎、広上淳一、大井剛史等の指揮者と共演。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」および「きらクラ!」、「名曲アルバム」をはじめメディアへの出演も多数行う。

東京混声合唱団(合唱)


1956年に創設された日本を代表するプロ合唱団。東京・大阪での定期演奏会、内外のオーケストラとの共演やオペラへの出演、青少年を対象とした鑑賞音楽教室、海外公演を含む年間150回の公演のほか、数多くのレコーディングやテレビ、ラジオへの出演を行っている。レパートリーは、創立以来行っている作曲委嘱活動で生まれた200曲を超える作品群をはじめ、内外の古典から現代作品までと幅広く、各地の合唱団や青少年との合同演奏も精力的に開催している。文化庁芸術祭大賞、サントリー音楽賞などを受賞、1996年より日本を代表する芸術団体として「文化庁特別重点支援」の指名を受けている。

東京交響楽団(管弦楽)


1946年創立。現代音楽の初演などにより、文部大臣賞、毎日芸術賞、文化庁芸術作品賞、サントリー音楽賞、川崎市文化賞等を受賞。サントリーホール、ミューザ川崎シンフォニーホール、東京オペラシティコンサートホールで主催公演を行うほか、川崎市、新潟市、八王子市などの行政と提携し、コンサートやアウトリーチを積極的に展開。また、新国立劇場のレギュラーオーケストラとして毎年オペラ・バレエ公演を担当。海外公演も多く、これまでに58都市で78公演を行ってきた。
音楽監督にジョナサン・ノット、正指揮者に飯森範親、桂冠指揮者に秋山和慶、ユベール・スダーン、名誉客演指揮者に大友直人を擁する。
●公式サイト


演奏曲

木下牧子 ・オーケストラのための「呼吸する大地」改訂初演(2010/19)
・ピアノ・コンチェルト(2012)
・合唱とオーケストラのための「たいようオルガン」(テキスト:荒井良二)(2010/14)
・オーケストラのための「ルクス・エテルナ」改訂初演(2016/19)

こちらからパンフレットがダウンロード出来ます。

公演スケジュールトップページへ

 
チケットご購入・公演に際してのご注意。
やむを得ず出演者や曲目等公演内容に変更がある場合がございます。予めご了承下さい。
入場券はいかなる場合でも再発行致しません。大切に保管下さい。
記載日時の公演が中止となる場合以外は原則として交換および料金の払い戻しは致しません。
学生券(特に指定がない場合は25才以下)でご入場のお客様には当日受付にて学生証のご提示をお願い致します。
客席内での喫煙・飲食および撮影・録音・録画等は固くお断りいたします。
客席内では携帯電話やアラームなど音の出る装置の電源はお切り下さい。
ご入場にはどなた様も入場券が必要です。原則として未就学のお子様はご入場できません。
開演後のご入場は係員の指示に従って下さい。
演奏中は話し声や物音等で他のお客様へご迷惑となりませぬようご配慮をお願い致します。
 
オンラインチケット申込
マネジメントのご依頼・CDのお申し込み・お問合わせ
安川加壽子記念会
谷桃子バレエ団