新演|クラシック音楽事務所、コンサートマネジメント・企画・運営

上野優子ピアノリサイタル
プロコフィエフ・ソナタ全曲シリーズ 第2回 ファツィオリ
上野優子
日時 2018年12月13日(木)
19:00開演(18:30開場)
会場 すみだトリフォニー小ホール
チケット

全自由席:一般3,500円/学生2,500円

マネジメント 新演 03-3561-5012 http://www.shin-en.jp
 

上野優子
上野優子


桐朋女子高校音楽科を経て同大学2年次に渡欧、イモラ国際ピアノアカデミー(伊)ピアノ科ディプロマ取得、パリ・エコールノルマル音楽院ピアノ科コンサーティスト課程ディプロムをアルゲリッチ、エル=バシャ、カツァリス各氏に認められ取得。'09年同音楽院室内楽科コンサーティスト課程ディプロムを首席・審査員満場一致で取得。

全日本学生音楽コンクール、浜松国際ピアノアカデミーコンクール、フンメル国際ピアノコンクール他入賞多数。これまでストレーザ・マッジョーレ湖音楽祭、イタリア・モーツァルト協会例会マチネー、パリ・サルコルトー、ブールジュ・サンボネ劇場、都民芸術フェスティバル、ラフォルジュルネ「熱狂の日」エリアコンサート等々、ソリスト、室内楽奏者として出演する他、モルドヴァ共和国ナショナルオーケストラ、スロヴァキアフィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団などオーケストラ協演も多数。またイタリア国営テレビRAI3、スロヴァキアFMに出演するなど、国内外での活躍ぶりが音楽専門誌、新聞など各メディアで高く評価されている。

現在、演奏活動の他、音楽雑誌など専門媒体での執筆、コンクール審査、レクチャーなども行い、'08年のデビューCDが「レコード芸術」誌において準推薦盤に、'15年のセカンドアルバムが準特選盤に選出されるなど、録音においても積極的に行っている。'17年にスタートした「プロコフィエフ・ソナタ全曲シリーズ」は、これまでの「ココロノヒビキ」('10~'14年)、「上野優子with Friends・リストの系譜」('15年~)と共に注目のツィクルスとして話題になっている。これまでにピアノを鬼村弘子、鍵岡眞知子、深沢亮子、有賀和子、F.スカラ、L.マルガリウス、B.ペトルシャンスキー、故J.ムニエ、M.リビツキー、J.M.ルイサダ各氏に、フォルテピアノをS.フィウッツィ氏に、室内楽を故G.マルティニー氏に師事。全日本ピアノ指導者協会(PTNA)、日本アレンスキー協会、日本演奏連盟、日本ショパン協会、日本ピアノ教育連盟、日本・ロシア音楽家協会各正会員。昭和音楽大学・大学院及び同短大で教鞭を執るなど、後進の指導にも力を注いでいる。'18年ピティナ・ピアノコンペティション特別指導者賞を受賞。
公式ウェブサイト http://yuko-ueno.com/


演奏曲

スカルラッティ ソナタ ロ短調 K.27/L.449
ソナタ ニ短調(トッカータ)K.141/L.422
ソナタ ヘ短調 K.466/L.118
ソナタ ホ長調 K.531/L.430
ソナタ イ長調 K.533/L.395
ドビュッシー 版画
エレジー
プロコフィエフ 風刺(サルカズム) Op.17
ピアノ・ソナタ 第3番 イ短調 「古い手帳から」 Op.28
ピアノ・ソナタ 第4番 ハ短調 「古い手帳から」Op.29

こちらからパンフレットがダウンロード出来ます。

公演スケジュールトップページへ

 
チケットご購入・公演に際してのご注意。
やむを得ず出演者や曲目等公演内容に変更がある場合がございます。予めご了承下さい。
入場券はいかなる場合でも再発行致しません。大切に保管下さい。
記載日時の公演が中止となる場合以外は原則として交換および料金の払い戻しは致しません。
学生券(特に指定がない場合は25才以下)でご入場のお客様には当日受付にて学生証のご提示をお願い致します。
客席内での喫煙・飲食および撮影・録音・録画等は固くお断りいたします。
客席内では携帯電話やアラームなど音の出る装置の電源はお切り下さい。
ご入場にはどなた様も入場券が必要です。原則として未就学のお子様はご入場できません。
開演後のご入場は係員の指示に従って下さい。
演奏中は話し声や物音等で他のお客様へご迷惑となりませぬようご配慮をお願い致します。
 
オンラインチケット申込
マネジメントのご依頼・CDのお申し込み・お問合わせ
安川加壽子記念会
谷桃子バレエ団