新演|クラシック音楽事務所、コンサートマネジメント・企画・運営

金澤希伊子(ピアノ)
ラヴェルの室内楽全曲演奏会第5回 ~歌曲~
金澤希伊子
日時 2018年12月12日(水)
19:00開演(18:30開場)
会場 トッパンホール
チケット

指定席:5,000円
自由席 一般:4,000円/学生:3,000円

マネジメント 新演 03-3561-5012 http://www.shin-en.jp
 

金澤希伊子(ピアノ)
金澤希伊子(ピアノ)


1950年 東京音楽学校(現東京藝術大学)ピアノ科卒業。
1952年 東京音楽学校研究科(現大学院)首席修了。
名バリトン中山悌一氏とシューベルト:冬の旅を数多く共演。 NHK交響楽団とストラヴィンスキーの詩篇交響曲を演奏。
1953 ~ 54年 滞仏、ラザール・レヴィ教授に師事。
1955年~ 桐朋学園子供のための音楽教室、桐朋女子高等学校、短期大学、大学に奉職。(1957年より教授、2001年名誉教授)
1955年 第1回リサイタルを開催(バッハ、ベートーヴェン、ショパン、邦人作品、ラヴェル等)。 名ヴァイオリニスト、諏訪根自子氏の演奏旅行にも同行、ツィゴイネルワイゼン他数多くの伴奏を受け持つ。
1956年 上田仁指揮、東京交響楽団とラヴェルのピアノ協奏曲を協演。 その後、ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲(東響)、ファリャ:スペインの庭の夜(東フィル)、三善晃:ピアノ協奏曲(東京藝大管弦楽団)を協演。又、バッハ:ブランデンブルグ協奏曲第5番、モーツァルト、グリーグ、リストの協奏曲、サン=サーンス:動物の謝肉祭を演奏(読響等)。
1964 ~ 84年 東京藝術大学兼任。
1965年. イソ弦楽四重奏団と10年間にわたりシューマン:ピアノ五重奏曲はじめシューベルト:ますを含む、ピアノ五重奏曲のほぼ全レパートリーを演奏。
2001 ~ 02年 再渡仏、ペルルミュテール教授にラヴェルの楽曲演奏について指導を受ける。 2002年 パリに於いてサロンコンサートを開催。 2003年 プラハ(チェコ)の現代音楽祭「日本の夕べ」で松村禎三氏の作品を紹介。
2003年・2006年・2007年 パリに於いてサロンコンサートを開催。松村禎三氏の「巡礼」は絶賛を博した。
2005年 8月、プラハ・サマーアカデミーに教授として招かれる。 11月、チェコ室内楽の夕べでコチアン弦楽四重奏団と共演(カザルスホール)、ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲他を演奏。
2010年 CD「ラヴェル ピアノソロ作品全集」をリリース。「音楽現代」、「レコード芸術」誌にて推薦盤としてとり上げられた。
2012年. 「ラヴェルの室内楽全曲演奏会」シリーズを開催(今回4回め)。
2015年. レクチャー「ラヴェルのピアノ曲 その解釈と表現」を開催中。 小津恒子、井口基成、安川加壽子の各氏に師事。池内友次郎氏に理論を学ぶ。 日本音楽コンクール、同学生コンクール、安川加壽子記念コンクールやオーディションにて審査委員を務める。またバッハやラヴェル作品の運指 奏法解説やエッセイ等執筆多数。 現在、桐朋学園大学名誉教授、(公財)日本ピアノ教育連盟名誉顧問、(公社)日本演奏連盟、日仏音楽協会、日本フォーレ協会各会員

南 あかり(メゾソプラノ)
南 あかり


東京藝術大学大学院修士課程独唱専攻修了。現在同大学院博士課程に在籍し、フランス歌曲を中心に演奏、研究を行う。学部卒業時にアカンサス賞並びに同声会賞を受賞。フォーレ、ラヴェルなどの作品で博士リサイタルを2回行う。またフランス、セルジーポントワーズ地方圏立音楽院を修了し、学内公演ラヴェル作曲オペラ《子供と魔法》子供役等に出演。これまでに湯浅 契、湯浅富士郎、ジャン・フランソワ・ルーション、永井和子の各氏に師事。

栗林朋子(メゾソプラノ)
栗林朋子(メゾソプラノ)


東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。第1回藤沢オペラコンクール奨励賞受賞。第63回日本音楽コンクール第1位入賞。第7回五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。この受賞によりベルリンに留学。オペラには、グルック《オルフェオとエウリディーチェ》、マスカーニ《カヴァレリア・ルスティカーナ》、モーツァルト《フィガロの結婚》などに出演。ソロリサイタルや宗教音楽、「第九」などでも活躍。現在、フェリス女学院大学、お茶の水女子大学各非常勤講師。二期会会員。

大塚博章(バス)
大塚博章(バス)


玉川大学芸術学科音楽専攻卒業。日本クラシック音楽コンクール最高位。日伊声楽コンコルソ3位。文化庁在外派遣研修員としてドイツに留学。新国立劇場では『サロメ』『トスカ』『ドン・カルロ』『魔笛』『カルメン』『ペレアスとメリザンド』に出演。東京二期会では『魔笛』『ドン・ジョバンニ』『パルシファル』『トゥーランドット』等に、特に昨年の『ばらに騎士』ではオックス男爵役を見事に演じて高い評価を受けた。二期会会員。

工藤重典(フルート)
工藤重典(フルート)


1979年にパリ国立高等音楽院を一等賞で卒業、恩師JPランパルに認められ世界各地で演奏し活躍している。パリのシャンゼリゼ劇場、ウィーンの楽友協会大ホール、ミラノ・スカラ座、ニューヨークのリンカーンセンター、モスクワのチャイコフスキー音楽院ホールを始めとして、ミュンヘン、東京、台北 、ソウル、上海ほか、世界百数十都市でソリストとして演奏してきた。ディスコグラフィーは、エラート、ソニーなどから70タイトルをリリース。1978年第2回パリ国際フルートコンクール及び1980年第1回JPランパル国際フルートコンクールで優勝。現在、東京音楽大学教授、エリザベト音楽大学客員教授、昭和音楽大学客員教授、パリエコール・ノルマル教授。

寺井 創(チェロ)
寺井 創(チェロ)


東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部に入学。在学中、ウィーン・プラハ・ブダペスト合同の国際室内楽講習会に大学から派遣される。藝大室内楽定期演奏会に毎年出場。F・バルトロメイ氏選抜による室内楽公開講座に参加。サイトウキネン「若い人のための室内楽講座」、小澤征爾音楽塾オペラに参加。大学卒業試験においてアカンサス賞、同声会賞を受賞。現在、東京藝術大学音楽学部非常勤講師、藝大フィルハーモニア団員。これまでに、毛利伯郎、北本秀樹、河野文昭の各師に師事。


演奏曲

ラヴェル 悲しげな鳥たち/道化師の朝の歌 ~「鏡」より
ステファヌ・マラルメによる3つの詩
ドゥルシネア姫に思いを寄せるドン・キホーテ
フォルラーヌ ~「クープランの墓」より
2つのヘブライの歌
マダガスカル先住民の歌

こちらからパンフレットがダウンロード出来ます。

公演スケジュールトップページへ

 
チケットご購入・公演に際してのご注意。
やむを得ず出演者や曲目等公演内容に変更がある場合がございます。予めご了承下さい。
入場券はいかなる場合でも再発行致しません。大切に保管下さい。
記載日時の公演が中止となる場合以外は原則として交換および料金の払い戻しは致しません。
学生券(特に指定がない場合は25才以下)でご入場のお客様には当日受付にて学生証のご提示をお願い致します。
客席内での喫煙・飲食および撮影・録音・録画等は固くお断りいたします。
客席内では携帯電話やアラームなど音の出る装置の電源はお切り下さい。
ご入場にはどなた様も入場券が必要です。原則として未就学のお子様はご入場できません。
開演後のご入場は係員の指示に従って下さい。
演奏中は話し声や物音等で他のお客様へご迷惑となりませぬようご配慮をお願い致します。
 
オンラインチケット申込
マネジメントのご依頼・CDのお申し込み・お問合わせ
安川加壽子記念会
谷桃子バレエ団