新演|クラシック音楽事務所、コンサートマネジメント・企画・運営

草野明子(ピアノ)&G.シューベルト(ヴァイオリン) デュオの夕べ
~ウィーンへの回帰Vol.3~
多賀ひとみピアノリサイタル
日時 2018年11月21日(水)
19:00開演(18:30開場)
会場 JTアートホールアフィニス
チケット

全席指定:5,000円

マネジメント 新演 03-3561-5012 http://www.shin-en.jp
 

草野明子(ピアノ)
草野明子(ピアノ)


東京に生まれる。幼少より母親にピアノのてほどきを受ける。故林美奈子氏、深沢亮子氏に師事。
●東京都立芸術高校音楽科ピアノ科を経てオーストリア・ウィーン国立音楽大学に留学、故エドゥアルド・ムラツェック教授、アレクサンダー・イエンナー教授に師事。
●在学中より演奏活動を行い1977年ベートーヴェン没後150年記念TV番組(オーストリア国営放送制作)に出演し、ベートーヴェンの作品を演奏。
●1978年4月ウィーンにてリサイタル開催。11月にはシューベルト没後150年記念に際してシューベルト生家における演奏会。またウィーン室内合奏団のメンバーと共演。12月墺日協会例会に出演。
●1979年10月墺日協会例会に出演。
●1980年2月同校を最優秀賞を得て卒業。同年3月帰国。4月に東京にてデビューリサイタル開催。同年イタリアに渡り、セルジオ・ペルティカローリ教授に師事。イタリア各地で演奏会・テレビ放送等行う。
●1981年イタリアにてオルネラ・サントリックウィド賞を受賞。
●1983年にはアテネ国際コンクールに入賞。同年8月イタリア・アブルッツォ州で行われたコンチェルト・オーディションにて優勝。
●1984年アブルッツォ州音楽フェスティバルにてリストのピアノ協奏曲第1番を協演、TV録音を行い新聞評でも好評を得る。またイタリア学生コンクールの審査員を務める。
●1985年4月一時帰国してリサイタル開催。同年12月帰国。
●これまで23回の自主リサイタルを定期的に開催。東京でのリサイタルではイタリア近代・現代の作品紹介に努めてきた。2000年9月のデビュー 20周年記念リサイタルではイタリア音楽の夕べ、2002年ドビュッシーの夕べ、2004年リストの夕べ、2006年シューマンの夕べを開催。2008~2010年のシューマン生誕200年に向けて~「シューマンの情景」シリーズを開始。2008年のVol.1では「ロマンティックで情緒豊かな感情表現の魅力をふんだんに加味した演奏は、成熟とそれによる芸風の変化をはっきり写し出していた。」等高い評価を得、また2009年のVol.2ではシューマンの後期作品を集めたリサイタルで注目を集め、2010年9月のVo l.3(デビュー 30周年記念)では、「シューマンの詩情と幸福感とがよく表現された。」と、好評を得る。2011年には「つづく路Vol.1(ブラームス)」を開催、「そこには黄昏の美しさを語る成熟した語り口が満ち、深淵な響きで、耳を惹かれた。」と好評を得る。2012年「つづく路vol.2(ドビュッシー)生誕150周年記念」、2014年「ウィーンへの回帰~詩を奏でる~」では、「美しい音色とハーモニーがウィーン情緒を感じさせた。」と好評を得る。また、国内ではオーケストラとの協演や地方でのリサイタル、墺日協会、日仏会館主催のリサイタル、アンサンブル活動及びNHK-FMに出演。また、キングレコード・ピアノ名曲全集(95年3月出版)にて、ショパンの作品30曲にワンポイントレッスン執筆。
●1991年以降イタリア(ローマ、パレルモ、アレッツォ、モデナ、カステッロ・ロマーノ他諸都市)でリサイタル、テレビ出演を行っている。
●1993年8月イタリアでファウスト・トッツィ賞を受賞。
●公開講座、公開レッスン、コンクールの審査員等でも活躍中。
●2000年5月CD「ドビュッシー・ピアノ作品集Ⅰ」をリリース、2002年8月「ドビュッシー・ピアノ作品集Ⅱ」をリリース。
●2016年3月イタリア・国立レスピーギ音楽院より招かれ演奏会を行った。
●現在、国立音楽大学教授。

ゲラルド・シューベルト
(ヴァイオリン)

ゲラルド・シューベルト(ヴァイオリン)


ウィーン生まれ。ウィーンの音楽高校メルが主催する音楽祭のオケで、コンサートマスターに抜擢された。1979年、ウィーン国立歌劇場管弦楽団のメンバーとしてスタート、1982年、ウィーン・フィルのメンバーとなり、第2ヴァイオリンのパートリーダーを務める。その優れたテクニックと感性から、1983年より、恩師のアシスタントとして学生たちを教えていた彼は、経験豊かな指導者でもある。1999年からはウィーン国立音楽大学の教授としてクラスを受け持ち、ウィーン・フィルやウィーン交響楽団、ウィーン歌劇場管弦楽団 の若手メンバーを多く育てている。大作曲家シューベルトの親戚(血縁)関係でもある。


演奏曲

モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ ト長調 KV301
シューベルト ヴァイオリン・ソナタ(ソナチネ) 第3番 ト短調 D408 作品137-3
ドボルジャーク ヴァイオリン・ソナチネ ト長調 作品100
バルトーク ルーマニア民俗舞曲(ヴァイオリン版)
ヨーゼフ・シュトラウス ポルカ・マズルカ「女心」 作品166
ヨハン・シュトラウス 南国の薔薇 作品388

こちらからパンフレットがダウンロード出来ます。

公演スケジュールトップページへ

 
チケットご購入・公演に際してのご注意。
やむを得ず出演者や曲目等公演内容に変更がある場合がございます。予めご了承下さい。
入場券はいかなる場合でも再発行致しません。大切に保管下さい。
記載日時の公演が中止となる場合以外は原則として交換および料金の払い戻しは致しません。
学生券(特に指定がない場合は25才以下)でご入場のお客様には当日受付にて学生証のご提示をお願い致します。
客席内での喫煙・飲食および撮影・録音・録画等は固くお断りいたします。
客席内では携帯電話やアラームなど音の出る装置の電源はお切り下さい。
ご入場にはどなた様も入場券が必要です。原則として未就学のお子様はご入場できません。
開演後のご入場は係員の指示に従って下さい。
演奏中は話し声や物音等で他のお客様へご迷惑となりませぬようご配慮をお願い致します。
 
オンラインチケット申込
マネジメントのご依頼・CDのお申し込み・お問合わせ
安川加壽子記念会
谷桃子バレエ団