新演|クラシック音楽事務所、コンサートマネジメント・企画・運営

花岡千春 ピアノ独奏会
花岡千春 ピアノ独奏会
日時 2017年9月8日(金)
19:00開演
会場 東京文化会館ホール(JR上野駅公園口)
チケット

全席自由¥4,000
学生   ¥2,000
※予定枚数を終了いたしました。

マネジメント 新演
 

花岡千春(ピアノ)
花岡千春


東京藝術大学器楽科ピアノ専攻卒業。同大学院ピアノ専攻科修了。在学中よりNHK-FM放送、毎日新聞社主催「毎日ゾリステン」などに出演。故安川加壽子女史に師事。大学院修了直後フランスに留学。パリ・エコール・ノルマル音楽院にてコルトーの高弟ジャン・ミコー氏に師事。翌年、審査員全員一致の第一等首席を取得卒業。
以後は同院のアシスタントとして後進の指導に当たりながら、ヨーロッパ各地で演奏。その後イタリアに居を移し、カセッラの高弟ピエロ・グワリーノ氏のもとで研鑽を積む。フィナレ・リグレ国際ピアノコンクール、マリオ・ザンフィ・リスト国際ピアノコンクール等に上位入賞。帰国後は、ソロリサイタルをはじめ、室内楽や歌い手との共演、CD録音、FM放送、テレビ放送に活躍。テーマ性の強いリサイタルは、各方面から評価を得ている。1999年に開催した独奏会で平成11年度第54回文化庁芸術祭音楽部門大賞を受賞。2011年9月発売のCD「日本の変奏曲」で平成23年度(第66回)文化庁芸術祭レコード部門優秀賞を受賞。2012年11月松本市文化芸術大賞受賞。
ソロCD12枚(ベルウッド・レコード)、著書「ピアノを弾くということ。」(フィルムアート)、共演のCDは40枚以上を数える。楽譜の校訂(春秋社、音楽之友社)なども継続的に行っている。演奏活動と共に各地のコンクール審査員も歴任。2002年より文部科学省などの選考委員も努めている。現在は国立音楽大学並びに同大学院教授。

演奏曲

D.スカルラッティ ソナタ K.162(ホ長調),406(ハ長調),208(イ長調)
L.v.ベートーヴェン ピアノソナタ 第15番 ニ長調 作品28<田園>
J.ブラームス ワルツ集 作品39
R.シューマン 交響的練習曲作品13(1837年版)
こちらからパンフレットがダウンロード出来ます。

公演スケジュールトップページへ

 
チケットご購入・公演に際してのご注意。
やむを得ず出演者や曲目等公演内容に変更がある場合がございます。予めご了承下さい。
入場券はいかなる場合でも再発行致しません。大切に保管下さい。
記載日時の公演が中止となる場合以外は原則として交換および料金の払い戻しは致しません。
学生券でご入場のお客様には当日受付にて学生証のご提示をお願いする場合がございます。
客席内での喫煙・飲食および撮影・録音・録画等は固くお断りいたします。
客席内では携帯電話やアラームなど音の出る装置の電源はお切り下さい。
ご入場にはどなた様も入場券が必要です。原則として未就学(バレエ公演は3歳未満)のお子様はご入場できません。
開演後のご入場は係員の指示に従って下さい。
上演中は話し声や物音等で他のお客様へご迷惑となりませぬようご配慮をお願い致します。
 
チケット申込
安川加壽子記念会
谷桃子バレエ団